TwitFiの始め方を日給9500円のプレイヤーが丁寧に解説!|効率よく稼ぐコツ

Gamefi

仮想通貨のメリット、デメリット、始め方について超わかりやすく解説!【初心者でもOK!】

はじめまして。仮想通貨投資で生計を立てているはるといいます!

この記事では「仮想通貨投資の始め方」を、中学生にもわかるように、丁寧に、初心者の方でも全く問題のないように解説します。

元々は毎週月曜日が憂鬱でしたが、仮想通貨投資を始めたことで、毎日5000円以上不労所得で稼げるようになり、かなり心にゆとりが生まれました。

はる君

ビットコインの積立投資やゲームで仮想通貨を稼いで、生活費を稼げています!お金の不安がなくなって、本当にやりたいことを毎日楽しんでいるよ!

ということで・・・
今回は仮想通貨とはなにか、について解説していきます。

仮想通貨初心者のよくある疑問

  • 仮想通貨って危なくない?
  • これからも稼げるの?
  • おすすめの取引所は?
  • 口座開設ってどうやってするの?
  • どのコインを買えばいい?

2022年10月現在、イーサリアムの価格が1日で2万円ほど上昇し22万円を突破しました。仮想通貨がまた盛り上がってきたからやってみようかな、という方もいるのではないでしょうか。

この記事では、仮想通貨について初心者にもわかるように、基本的なことから解説しています。

はる君

投資自体したことがなくても分かるように、とにかくわかりやすく解説しているよ!

細かい説明はいいから「今すぐ仮想通貨投資を始めたい!」っていう人は下のボタンをクリック!

この記事の目次

仮想通貨とは?

日本銀行によって認められている

仮想通貨はなんだか怪しいイメージがある方も多いかもしれませんが、日本銀行によって定義が定められているものです。
以下が仮想通貨の条件です。

  • 換金可能である
  • 情報処理によって渡したり受け取ったりできる
  • 円やドルのように国によって価値が保障されていない

このように仮想通貨は政府にちゃんと認められている資産です。

ブロックチェーン技術によって分散管理されている

仮想通貨が中央に銀行のような存在を必要としないのは、管理を分散し、みんなで取引を監視しているからです。

取引の情報は取引するもの同士だけでなく、すべての人に共有されます。そのため後から書き換えることが不可能になっています。

実際の認知度はどれぐらいある?


上のグラフはドイツのダリアリサーチが公表した国別の仮想通貨保有率を表したものです。

日本は保有率で一位になっており、11%を記録しています。これはアメリカやイギリスの9%を上回る結果になっています。
ですが、1位の日本でも11%しか仮想通貨を持っていないというのが現状です。

これからもっと認知が増え、仮想通貨が保有する人が増えると仮想通貨の価格は間違いなく上昇します。こうして「仮想通貨について知りたい」と思っているあなたも先行者です。

仮想通貨の価格は上下するでしょうが、仮想通貨の市場は長期的に拡大します。
まだまだブルーオーシャンで、今参入しておけば市場が成長するのを待っていれば儲かるわけです。

画像名
はる

仮想通貨のリスクと将来性、取引所を選ぶところから実際に購入するところまで進んでみましょう!

仮想通貨の5つのメリット

①個人間で直接送金することができる

銀行振込などを行うと時間帯によっては着金が次の日になることがあります。

ですがビットコインの場合は数十分で送ることができます。

②決済が簡単で手数料が安い

国際送金を行うと送金が完了するのに数日かかることもあります。

しかし、仮想通貨を使うと1時間もかからず送金ができ、手数料も安く抑えることができます。
加えて、ATMや銀行のような設備も必要ありません。

③世界共通の通貨

徐々に世界中で仮想通貨が使えるようになっています。

例えば、ビットコインは海外のお店でも使うことができます。
有名なテスラの車もビットコインで買うことができるようになりました。

④24時間365日取引可能

仮想通貨はインターネット環境があれば、24時間365日いつでも取引できます。

また送金や引き出しもいつでも可能です。
加えて資産運用に関しても株式のようにマーケットの時間が制限されていないため、いつでも好きな時に取引をすることが可能です。

⑤国に依存していない

2022年11月現在、円安が深刻化し、1ドル150円を突破しました。
今年3月は1ドル=115円前後だったので、日本円を持っているだけで資産価値が23%も低下したことになります。

「投資なんて怖いから」という方は、日本円を持っているということは日本に投資しているということを忘れてはいけません。

一方でビットコインは国に保障されていない通貨なので、国の政策や世界情勢に左右されることはありません。

仮想通貨の3つのデメリット

①価格の変動が大きい

仮想通貨は日本円やドルなどの法定通貨と比べて、価格の変動が非常に大きいです。

価格変動が大きいことはメリットでもありますが、決済手段としては使いにくい一面もあります。

②ハッキングや紛失の可能性

仮想通貨は現金と同じように盗難される危険性があります。

また仮想通貨はインターネット上に財布があります。その財布の情報を他の人に教えたり、サイトに入力したりするとハッキングにあう可能性があります。

③購入、運用にある程度の知識が必要

上記のように現金とは違う点が多くあります。
そのためある程度の知識を持って仮想通貨を扱う必要があります。

そもそもビットコインとは?

ビットコインは最も有名な通貨

仮想通貨=ビットコインと考えている人も多いかもしれません。

ビットコインは何千種類もある仮想通貨のうちの一つで、もっとも価値が高いコインです。
まずは一番有名なビットコインについて知っておきましょう。

通貨単位BTC
時価総額約70兆円
価格300万円
発行上限枚数2100万枚
コンセンサス・アルゴリズムProof of Work
分岐ビットコインキャッシュ
おすすめ取引所Coincheck
紹介記事こちら
ホワイトペーパーBitcoin.pdf
公式サイトBitcoin.org
画像名
将来が心配な中学生

コンセンサス・アルゴリズムって何?

画像名
はる

日本語で言うと計算方法だね。
取引をどう合意していくかを定めたものだよ。

画像名
将来が心配な中学生

ビットコインはPoWっていう計算方法で取引を行っているということ?

画像名
はる

そうだね。PoW(プルーフオブワーク)は最も多い形だよ。
取引には計算が必要なんだけど、それを世界中の人で分担して行うんだ。
その計算を多くしてくれた人にはビットコインを報酬として渡すというシステムをとっているよ!

ビットコインと他の仮想通貨との違い

ブロックチェーンを利用したセキュリティの高さ

1人が不正を監視するのではなく、みんなの通帳にすべての取引を記載してすべてを書き換えることができないようにしています。

例えると、ブロックチェーンとは、エクセルのセル参照のようなものです。

表のようなエクセルでは、【単価】と【数量】をかけたものが合計の金額に計算されて自動で表示されるようになっています。

そのため最後の金額だけを書き換えると矛盾が生じます。
これをもっと多くの人で共有してかいざんできなくしたのがブロックチェーンです。

2100万ビットコインという固定された供給量

ビットコインは日本円と同じように常に新規発行されています。ただし、この新規発行の上限は2100万枚までとなっておりそれ以上発行されることはありません。

すでに8割以上が発行されており、残りはわずか400万枚ほどとされています。

ビットコインの発行がとまり、需要が増え続けたら価格が高騰する可能性があります。

またビットコインはすぐに上限まで発行してしまわないように、新規発行のペースを半分にする半減期があります。

これまでにも半減期はありましたが、いつも直後に価格の大幅な高騰を見せています。最初の半減期では12ドルから1年で1217ドルに、2回目の半減期では647ドルから1年で19800ドルにまで急騰しています。

2024年にあると予想される半減期でも価格が高騰する、と言われています。

創設者のサトシ・ナカモトは現在開発に関わっていない

2008年、ビットコインは中本哲史と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって、提唱されました。

ですが今はサトシナカモトが誰かもわかっておらず、開発にも関わっていません。

このように創設者が開発から離れても、ビットコインのシステムが機能し続けるのが特徴です。
これこそ中央に人や組織を必要としない非中央集権であると言えます。

ゲーム内通貨とは存在する目的が違う


上の表のようにビットコインとゲーム内通貨は目的や送金できるか、など大きく5つの点で異なっています。

これらはビットコインだけでなくすべての仮想通貨に言えることです。

今後技術が発達し、多くの仮想通貨が世界中で使えるようになっていくことが予想されています。
そうなると、円やドルのお金が仮想通貨に流入することが予想され大幅な価格上昇が見込まれます。

初心者におすすめの取引所

DMMビットコイン

DMMビットコインのレーダーチャート

五角チャートについてはこちら

  • ビットコインがお得に買える
  • 各種手数料が安い
  • 24時間365日のサポートサービス

DMMビットコインは手数料が最も安く、非常に低コストで仮想通貨取引ができる仮想通貨取引所です。
手数料を安く抑えてその分を投資に回すことができるため、複利の効果を活かして取引を行えます。
特にビットコインを最も安く取引できるため、初心者が始めやすい取引所です。

公式サイトはこちらDMMビットコインの登録はこちら

[nlink url=”https://gakuwaka.com/dmmbitcoin_nft/”]

Coincheck

Coincheckのレーダーチャート

五角チャートについてはこちら

  • アプリが使いやすい
  • つみたて投資ができる
  • 情報が多く困った時に聞きやすい

Coincheckは一番使いやすく初心者におすすめの取引所です。
特にスマホアプリは仮想通貨アプリダウンロードNo.1で、簡単に取引を行うことができます。
また運営の信頼もとても高いです。
以前Coincheckがハッキングの被害にあった時、規約上では何の保証もなかったとしても問題はありませんでした。
しかしコインチェックは事態をいち早く沈静化し、対処するために保証を行いました。

公式サイトはこちらCoincheckの登録はこちら

GMOコイン

GMOコインのレーダーチャート

五角チャートについてはこちら

  • 手数料がマイナスで、手数料分もらえる
  • 取り扱い通貨数が多い
  • 東証一部企業が運営しており信頼できる

GMOコインは東証一部上場企業GMOインターネットグループが運営している取引所です。
サーバーも安定しており、安心して仮想通貨取引を始めることができます。
手数料がマイナスのため、手数料分をもらえることも大きなメリットです。
[nlink url=”https://gakuwaka.com/gmocoin/”]

仮想通貨についてまとめ

ここまで仮想通貨について、簡潔にまとめましたが、このレベルを理解している人は少ないです。(万が一つまづいてしまったらご質問ください)

なんとなく仮想通貨投資を始めるのではなく、自分で調べた上で投資をすれば、成功確率も上がり、なによりも知識がつきます。

仮想通貨投資を始めると

  • 実際に仮想通貨を持つことで、知識が深まります
  • 株式だけでなく分散投資できます
  • これから価値が高騰すれば、莫大な利益があります

これだけメリットがあるのに、投資をしている人は1割もいません。
正直いって、やらないのは勿体無いと思っています。

日本円を持ち続けることは、日本に投資しているということです。
眠っているお金を少しだけでも仮想通貨投資に回してみましょう。

このサイトが、そのための手助けになれば、それほど嬉しいことはありません。
仮想通貨投資で、経済的自由を手に入れて、人生の選択肢がふえることを、心から願っています。

目次に戻る▶▶

この記事の目次